肉体と向き合う

上を向いてリフレッシュ! 一瞬でできる、肩こり・首こり解消体操!

更新日:

毎日悩まされる肩こり・首こり

毎日、肩や首には子どものころは、肩こりという言葉すら知らなかったのが嘘のようです。

肩がこる、首がこる。それがいつも気になってしまう…。そうすると、毎日を元気に、そして積極的に生活することにも悪影響が出てしまいますよね。

「もう年だから…」

そんな言い訳を隠れ蓑に、わざと目をそらしてしまう。もんなこと、肩こり以外にもいろいろとありますよね(自分で書いていて、耳が痛い^^)

肩こり、首こりの原因

そんな肩こりの原因ですが、いろいろなことが言われていますが、例えば、

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。
肩こりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。それらの要因が単独、または、互いに関連し合いながら肩こりを引き起こします。

どうして症状が起こるの?(くすりと健康の情報局)

というように、そもそも二足歩行が原因の一つと言われてしまっては、大昔に立ち上がったご先祖様を恨むしかありません(笑)。

他にも、スマホだパソコンだ、と下を向き長い時間動かない姿勢が元凶だ、と言われたりしています。

これでは、一日の生活のあらゆるところで、肩こり誘発前線の真っただ中です。

肩こり・首こり解決法はいろいろあるけれど

そんな現代人共通の課題「肩こり」に関しては、様々な解消法が開発されていますよね。

  • 運動・体操
  • 入浴・温泉
  • ヨガ
  • 市販薬
  • 湿布
  • 整骨院
  • 整形外科
  • 鍼灸
  • 気功
  • 太極拳
  • マッサージ
  • 枕を変えてみる
  • アロマでリラックス
  • 漢方
  • サプリ ……

色々な種類がありますし、きっと効果があるんだろうな…と思いつつ、取り組むのを後回しにしてしまっていませんか?

「やればきっと効果があるんだろう」

とは思いつつも、例えば、

  • 運動とか面倒だし・・・
  • そもそも時間がないし・・・
  • 薬? 副作用は・・・
  • お金もかかるんじゃないの・・・

と継続できない理由がすぐ浮かんできてしまいます。

すぐに試せるものから試してみては?

困ったもの…ですが、であるならば、その理由をすべて潰してしまいましょう(笑)。

つまり、

・簡単で、どこでもできて
・すぐできて
・副作用もなく
・無料!!!

でできるものを選べばいいのです。

そうすれば、やらない理由を探すほうが面倒くさくなりますよね

上を向く・・・「だけ!」

ありました!

その条件に合致するものが!

それは、

ただ上を向くだけ

です。

1.足を肩幅に開き、上半身はリラックスして立ちます。
2.胸を張って、胸から首だという意識を持ち背骨を反って顔を上に上げます。
この時に肩甲骨が内側に寄っていることが感じられます。

上を向くと首や肩が痛い! そんなあなたもできる背骨を使った肩甲骨ストレッチ(ALBA)

上を向くことがなぜ肩こり改善の特効薬といえるのか? それは、伸びきった肩や背中まわりの筋肉が縮んで、頚椎のストレートネックと呼ばれる状態が正しい状態に修正されるから。そして、もう一つの理由は「胸が上を向く」ということで、猫背のカーブが伸びて、肩や背中まわりの筋肉が収縮するからだ。さらに、肩甲骨も正しい位置に戻るため、縦横方向に過剰に伸ばされていた背中まわりの筋肉(僧帽筋)が元に戻り、肩こりの原因姿勢である巻き肩も治せるというしくみだ。

肩こりさん必見!! 肩こりの特効薬は、上向き姿勢(RUNNING style)

もし立って行うのが難しいのであれば、座ったままでもいいではないですか

仕事中、肩が凝ったと感じた瞬間、イスに座ったまま、上を向いてみませんか?

そして、もしちょっとテレビを見ながら運動でもしてみるか…という人には、スワイショウなどいかがでしょう??

あらゆるものに、応用できる考え方…かも知れません

今回やったことはシンプルです。

  1. 問題を見つけて(肩こり)
  2. そこから目をそらさず(笑)
  3. 解決策を見つける(でも、実は元々知っていたものばかり)
  4. なぜ実行しないのか考える(面倒くさい、時間が、副作用、お金が…)
  5. その理由がなくなるものを考える(簡単、すぐ、安心、無料!)
  6. 見つける!
  7. それでも難しければ少しアレンジ(立ってやる→座ってやる)
  8. 実行しない理由をすべて潰して実行する!

今回試したことは、「肩こり・首こり」でした。

でも、↑のようなステップを踏むならば、「肩こり・首こり」以外にも応用できるかもしれません。

やらない理由をすべて潰して、実行しないほうが面倒な状態を作る。

これが、新しいことに一歩を踏み出す「勇気」の秘訣なのかもしれませんね。

★今日の試してみたいことメモ★

1. (肩こりの自覚がある場合は)気づいたときに、ふと上を向く
2. それを続けてみる
3. 効果があるかどうか、確かめる
4. やらなくては、と気にかかっているけれど、まだ取り掛かれていないことに応用できないか考えてみる。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-肉体と向き合う

Copyright© 勇気の探し方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.