日常を観察する

認知症による徘徊。その原因は満月なのか?

更新日:

満月の日は気をつけろよ…

「そうか、今夜は気を付けてね…」

「島田さん、明日、ちょっと早めに様子見に来るから…頑張ってね」

満月には気をつけろ!

以前、介護職をしていたことがあり、夜勤に入る前には、↑のようなことを先輩から言われていました。

先輩は、なぜあんなことを…言ったのか…。

え、狼男…??

…初めは分からなかったのですが、仕事を続けていくうちになんとなく合点がいきました。

満月の日には、認知症による症状(徘徊・幻覚・暴力等の周辺症状。専門用語ではBPSDと言われるもの)が強くでたり、利用者の方が興奮されて、なかなか床に就かれなかったり…といつもと夜の雰囲気が違うのです。

特に徘徊には冷汗が出ました

しかも夜は基本的に昼より職員の人数がはるかに少ない! 転倒のリスクを抱えた利用者様が一度に動かれると…夜勤組には緊張が走ります…。鳴り響くセンサー! コール! 新人(私)は軽いパニックです

満月と認知症。気圧が関連している?

果たして、満月と認知症には、関連があるのか…?

調べてみると、似たようなことに関心を持ち調査している例が見つかりました。

例えば、こちらです。

直接「満月」と「認知症」を扱っているわけではありませんが「気圧変動」と「認知症」を対象にしています。

そして、満月になると、気圧はどのように変化するかというと…。

という調査では、海上の気圧と月齢には、関係があるという考察がされています。(この調査を行ったのは、高校3年生! すごい!)

また、

という現象が発生し、太陽の放射や月の潮汐力などの影響を受け、気圧や風の変動が観測されます。

経験則を生かすことができれば、事故は減る?

満月と認知症。結論としては、今後の研究を待つしかありませんが、仮説の一つとして、気圧の変動の影響を立てられそうです。

  • 月齢の変化(大気潮汐等)による気圧変動の可能性
  • 気圧変動による認知症周辺症状(BPSD)への影響の可能性

です。

ただ、科学的にはまだまだ結論を出せないとしても、経験則として「満月の日に何かが起こりそう…」という体験の蓄積があるのであれば、あらかじめ対策を立てることも可能になります。

例えば、老人ホームであれば、満月の日など気になる日には、

  • あらかじめシフトを厚くして見守りが行き届くようにしておく
  • 夜勤には新人だけにならないよう、ベテランを混ぜて対応力を高めておく

などの対応は、新規の予算をかけなくても十分可能です。

家庭での介護でも満月の日は変わらないわけですから、「○月○日は満月だから、ちょっと注意しておこう」と家族が先回りして準備しておくことができるかもしれません。

ちょっとしたことで事故が防げるのであれば、やらない手はないですよね^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

-日常を観察する

Copyright© 勇気の探し方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.