日常を観察する

新型コロナウイルス感染拡大。強制力を持たない「隔離」や「自粛」に効果は本当にあるのか?

更新日:

新型コロナウイルスの感染者拡大

コロナウイルスの感染者が拡大しています。

2020年3月26日12時現在の情報で、以下の図表の状態です。

特にグラフを見ると、日本もそうですが、特に国外の感染者に関しては、加速度がついたかのような上昇具合となっています。

46万人という数字。一言で言うのは一瞬ですが、「46万」という数字がそれぞれに一人一人の人間であり、一人一人に家族がいて、生活があり、「生きている」という事実を考えると、とにかく一日も早い回復を願うばかりです。

・国内の感染者数 1,387名(クルーズ船を除く)
死亡者数 46名
回復者数 359名

・国外の感染者数 460,681名
死亡者数 20,782名
回復者数 120,070名

Yahoo! 新型コロナウイルス感染症まとめ(2020年3月27日アクセス)

政府が出す「自粛」のメッセージ

感染拡大を受け、世界各国は、いろいろな対策を打ち出しています。

国によっては、「入国禁止」のみにとどまらず「外出禁止」まで、かなり強制力を伴った対応をしています。

日本も「強制力」はないですが、大規模イベントの自粛や学校の休校、時差出勤、不要不急の外出自粛などが政府からも要請されています(イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ)。

そして、外国からの入国者に対しても、入国後の行動制限が課されています(入国制限措置及び入国・入域後の行動制限/外務省)。

ただし、国民への「自粛」にしても、入国後の「行動制限」に関しても、強制力はありません。あくまで「要請」というスタンスです。

果たして、強制力を持たない「自粛」の「要請」で、本当に意味はあるのでしょうか?

「自粛」の効果を調べる、あるシミュレーション

例えば、以下のようなシミュレーションがあります。

人口200人の町を仮定した、感染のシミュレーションです。

4つの条件に分けて、感染者数と回復者数がどのように変化していくかを示しています。

このシミュレーションの表の見方は↓のようになっています。

  • 時間は左→右への流れる
  • 一番左の「青みがかった灰色」が”健康な人”
  • 下から膨らんでいる「オレンジ色」が”感染者”
  • 後半から増える「ピンク色」が”回復者

早速シミュレーションの結果を見ていきましょう。まずは、

感染拡大に対して、何も対策を取らなかった時

感染者は加速度的に増えて、ほとんどの住民が感染し、その後、回復者が増えて、感染は収まっていきます。

後半は、健康な人はいなくなり、すべての住民が、感染者か、回復した人に分けられています。

一気に感染者が爆発的に増えて、回復者が増えることによって、感染者が一気に減るパターンです。次は、

感染者が出た地域を隔離するが、完全には隔離できず、一部は隔離地から感染が広まっていくケース

感染者のピークの山が2つでき、隔離された地域で「感染者」が蔓延した後、隔離地から感染が「外」へ広がったケースです。

行動制限は行われていません。最終的には、町中の全員に感染が広がってしまいますが、何も対策を取らなかった時に比べれば、ピーク時の感染者数は少なくなっています。

また、隔離された地域では、行動の制限をシミュレーション上取り入れていないため、何も対策を取らないときに比べて、初期の感染拡大の速度が速くなっています。最終的には、すべての町民に感染が広がっています。そして、次は、

4分の3の人が、政府の自粛要請を聞き入れて、外出を控えたケース

こちらは、4分の3の人が、自粛を受け入れ、移動を制限しています。4分の1の人は、通常通りに行動しています。

それでも、効果はあり、感染者はずっと町に一定数いますが、感染者数が爆発することはなく「持ちこたえています」

回復者数も安定して伸びてきていますので、今後は増えて感染者数も落ち着いていくことが予想されます。

先ほどの倍、8人中7人が自粛要請を受け入れて外出を控えたケース

最後に、さらに多くの人が自粛に従い、通常通り動いている人が8人に1人にまで少なくなりました。

ここまで行動している人が少なくなると、目に見えて感染者数を抑えることに成功しています。

なお、これらのシミュレーションは人口200人の町を仮定した、感染のシミュレーションのサイトより、何度でも繰り返し試してみることができます。

(↓のようにアニメーションでシミュレーションすることができます。)

2020/4/13追記

北海道大学の「8割おじさん」こと西浦博教授より、接触8割減が不可欠とのシミュレーション結果が発表されています。

シミュレーションの前提条件

もちろん、これらのシミュレーションでは、

  • 死亡者が発生しない点
  • 再感染はしない前提となっている点
  • 回復者のスピードが一定となっている点
  • 医療施設のキャパシティが考慮されていない点
  • 他の地域からの流入や転出が考慮されていない点

などが単純化されてはいます。

それでも、一つの参考にはなるのではないでしょうか?

感染拡大を止めることはできないが、緩やかにすることはできる

現在、日本がとっている対策は、特に「強制力」を持っているわけではありません。

「こんな緩い対策で本当に効果があるのか?」

という不安の声も聞かれますし、自粛要請に従わない人や団体への非難の声も見られます。

他国の強制力を持った対策を見聞きすると、余計にそう感じてしまうこともあるでしょう。

それでも、↑のシミュレーションを見ると、「強制力のない」隔離や自粛を求める政策でも、感染者のピーク時の人数を下げることはできる、ということが示されています。

完全に動きを止めることは現実的には難しいかもしれませんが、自粛に従う人がいるのであれば、決して無駄な呼びかけ、ではないようです。

また、シミュレーションの結果からは、

  • 対策を取らなければ、一気に感染が拡大する代わりに、それと同じペースで終息する。
  • 対策を取れば、感染者数のピークは抑えられるが、終息までは長い時間がかかる。

ということが示唆されます。

終息までの時間を取るのであれば、「対策を取らない」という手段もシミュレーション上はありますが、それだと、感染者数が爆発(=オーバーシュート)した際に医療資源が足りず、医療現場が崩壊し、甚大な被害が出ることが目に見えています。

これでは社会が耐えられません。

医療現場を崩壊させず、経済活動を完全には止められないことを前提条件にするならば、移動の自粛を要請しながら、感染者数を爆発させずにコロナの封じ込めを狙う、長期間に渡る難しいかじ取りが続きそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-日常を観察する

Copyright© 勇気の探し方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.