感情と向き合う

新しいことを始めるときの厄介な感情「もう遅すぎる」。いえいえ「遅すぎることはない!」です。

更新日:

なんでも早くないとダメ??

人生で、試してみたいことがたくさん! (・・・あったはずの幼少時代)。日々の忙しさにかまけていると、つい、好奇心を後回しにしてしまうこと、ありませんか?

それだけならまだしも、「後回し」が重症化になると、試してみたいことすら思い浮かばなくなってしまう、という状態にすら陥ります。

まるで「希望」を持っても叶わない、と思い込んだ“頭”が、先回りをして、諦めさせてくれているようにすら感じます。

自分の心を「期待」と「失望」から守るためには、必要なことなのかもしれませんが・・・。今日はちょっと主役の座を譲ってもらいましょう。

「✖(バツ)マークをする男性」の写真[モデル:大川竜弥]

人生で遅すぎることとは?

90歳のおばあさんの話としてtwitterでツイートされたという、以下の話。

昔読んだ記事で90歳くらいのお婆さんが、人生で後悔していることを聞かれて「バイオリンを60歳の時にやりたいと思ったけど、もう遅いと思ってやらなかった。あれから始めてれば30年も演奏できてたのに」てのがあった。

- HRK (@hncgu) 2018年3月24日


もう年だし、忙しいし、といって諦めている無数のことが頭をよぎりました。ハッとさせられるツイートでした。

私は何がやりたいのだろう???

90歳のおばあさんに影響を受けて、いくつか頭に浮かぶことを思いつくままに挙げてみると・・・

・ブログを書いてみたい(←絶賛取組中)
・ヨガで肩こり解消!
・プログラミングを学んでHPを1から作ってみたい
・映画を撮ってみたい
・サハラマラソンやアースマラソン走ってみたい
・家族と1年旅行してみたい
・友達と起業してみたい
・座禅の修行を泊まり込みでしてみたい
・1か月図書館で生活したい
・合鴨農法をやってみたい
・自作PC作ってみたい
・劇団に入って出演してみたい
・壁を全部ぶち抜いてリフォームしてみたい
・のこぎりをつくってみたい
・・・・・

考えるのはタダ、だと思うといくらでも出てきます(笑)。

際限がなくなるので、このぐらいにして置いて・・・文字にしたものを見てみると、種類も方向も千差万別ですが、ふと気づくのは、

「これ、今日にもできるんじゃないか!?」

というものが含まれていることです。

言い訳せずに、今日できること!

↑のリストの中で

ヨガで肩こり解消!

など、YouTubeで「肩こり ヨガ」検索すれば・・・一瞬で出てきました。

12分31秒!


1日と言わず、15分で試せるではありませんか!!

思い立って、検索して、情報が目の前に出てくるまで、1分と経っていません。

もう年だし、忙しいし、といって諦めていることが、15分で試せる! 

書き出してみると、自分がどれだけ頭の中だけでモヤモヤとしてストップをかけていたのかが分かります。

もちろん、試した結果、自分には効果が無いものもあるかもしれません。それでも、効果がなかったとしても、少なくとも「この方法は今の自分には合わない」という結果は得ることができます。

千里の道も一歩から

そして、1日では無理でも<今日できる一日分のサイズ>にまで、やってみたいことを細分化できることにも気づけます。

プログラミングを学んでHPを1から作ってみたい

これも、プログラミングのオンラインスクールは検索すればたくさん出てきますし、お金がかかる! と思っても無料体験がついていたりします。

一日でホームページを作るプログラミングは学べなかったとしても、始めの一歩は今日から踏み出すことができます。

(プログラミングとはちょっと違いますが、現にワードプレスを使って、このブログを作ることもできました)

「残りの人生の中で、今日が、一番若い日」

なのであれば、もう年だし、忙しいし、と言い訳ができなくなります(苦笑)。

「今日、私は、若い!」

ですし、

「今日のあなたは若い!」

のです。

さらに言えば、

「今日、年老いた人などいない!」

のです(言いすぎでしょうか?)。

さて、今日は何をしようか・・・?

書き出したリストを眺めてみて・・・

家族と1年旅行してみたい

を今日取り組むのは難しいですが、すぐにできることは・・・と考えて、娘とプリキュアを観て来ることに決め、先日、一緒に観てきました(笑)。

1年ではないですが、2時間の「旅行」となりました。

この2時間が、次の「何か」につながるかもしれません。そう思うと、ちょっとワクワクしてきます。

さあ、今日も頑張っていきましょう!

★今日の試してみたいことメモ★

1. 5分間、「やってみたいことリスト」を思うがままに書いてみる。

2. 2分間眺める。

3. 実際に3分間だけ取り組んで見る。(もし3分でできないほどのボリュームなら、ネットで検索してみるだけでもOK)

4. 昨日までは存在しなかった、「新しいことに踏み出した」この10分間の出来事を胸にしっかりとしまう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-感情と向き合う

Copyright© 勇気の探し方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.